インターネットがもたらした購買プロセスの変化




インターネットによって購買のプロセスが非常に変化しています。

AODMA(アイドマ)からAISAS(アイサス)、AISCEAS(アイシーズ)へ

最近は、インターネットの拡大がめざましく、顧客、消費者の生活行動を大きくかえています。
もちろん、企業もです。

特に、顧客の購買プロセスの変化です。

それは・・・・


それは、グーグルやヤフーなどの検索サイトの登場です。
「気になったら」「わからなことがあったら」「思い立ったら」即、検索です。

例えば、

テレビや、雑誌、街や口コミで、気になる商品、情報、サービスなどに出会ったら、すぐにグーグルやヤフーで検索します。

メーカーのホームページや詳細情報を調べ、「口コミサイト」、「比較サイト」で、評判や価格をチェックします。
気に入ったら購入します。


以前の購買のプロセスは、AIDOMA(アイドマ)と呼ばれていました。
次のようなステップです。

  • A.まず認知です。
    Attention、注意です。

    「あ、デジカメだ」

  • I.次は興味です。
    Interest、興味です。

    「いいなあ」と思います。

  • D.欲望です。
    Desire、欲望です。

    「欲しいなあ。今度お店で見てみよう。」

  • M.記憶
    Memory、 記憶です。
    店頭や雑誌で、比較検討して商品を覚えます。

    「このデジカメかな」

  • A.購買
    Action、行動です。
    実際に購入します。

    「購入しよう」


このステップで商品を購入していました。

でも、インターネットの普及によって、購買プロセスが、AISAS(アイサス)やAISCEAS(アイシーズ)
に変わってきました。
AISCEAS(アイシーズ)のステップです。
  • A.まず認知です。
    Attention、注意です。

    「あ、デジカメだ」

  • I.次は興味です。
    Interest、興味です。

    「いいなあ」と思います。

  • S.検索します。
    Search、検索です。
    グーグルやヤフーで検索します。

    「ネットで調べよう」

  • C.比較しよう
    Comparison、比較です。

    「価格を比較しよう」

  • E.検討しよう
    Examination、検討です。

    「口コミなどを調べて検討しよう」

  • A.購買
    Action、行動です。
    実際に購入します。

    「購入しよう」

  • S.情報共有
    Share、共有です。

    「他の人にも教えてあげよう」



この流れに変わっています。

企業は、顧客や消費者がインターネット上で検索し検討する過程で、どうやって自社製品と出会い、買う気になってもらうかといった、新しい、コミュニケーション戦略が求められます。

時代は、どんどん変わっていますね。






[↑一番上へ]
[顧客管理の知識(ホームへ)]
10:562202