ワン・トゥ・ワンマーケティング




ワン・トゥ・ワンマーケティングとは何でしょうか?

ワン・トゥ・ワンマーケティングとは、一人ひとりの志向の異なるお客様に対して、 企業側も異なる、対応をしてゆこうとするマーケティングです。

長期的な顧客との関係作り、すなわち「顧客管理・維持」(CRM)です。

志向とは、お客様の行こうとする方向です。
ブランド志向、価格志向などですね。

これらの、顧客の志向は、購買履歴に反映されますので、ITシステムの導入が欠かせません。
この顧客の履歴を管理するシステムが、顧客管理システム(CRMシステム)です。

CRMとは、Customer Relationship Management の略です。
日本語では、顧客管理や顧客維持など呼ばれています。
システムは、顧客管理システム(CRMシステム)と言われています。

このワントゥワンマーケティングが登場した背景は、今までの増すマーケティングによる市場対応の限界からきています。
マスマーケティングとは、大量生産し、マスメディアで大々的に広告、宣伝して販売しています。

マスメディアの代表は、テレビですね。
以前は、テレビで広告すれば、売れていたのですが、21世紀に入って市場を構成する顧客のニーズが多様化し、マスマーケーティングのやり方では、顧客の心に響かなくなってしまいました。

最近では、テレビの広告の反応が、どんどん落ちています。

その為、顧客一人ひとりの志向に合わせて、双方向性を意識した対話を目指す、ワン・トゥ・ワンマーケティングに、多くの企業が注目をよせ、運用を開始しています。






[↑一番上へ]
[顧客管理の知識(ホームへ)]
10:562202