データマイニング




データマイニングとは

データマイニングとは、
データウェアハウス(データが格納された場所)のデータを統計学、パターン認識、人口知能などを使って分析して購買に関するルールを発見する方法です。


こんな例があります。

アメリカの、あるスーパーで、購買データをもとに、データマイニングをおこないました。
その結果、オムツとビールが同時に買われる確率が高いことがわかりました。

日本でも、スーパーで同じことがわかりました。
その、スーパーは、オムツの横の棚にビールを陳列したそうです。

面白いですね。


データマイニングの手法のひとつに、テキストマイニングがあります。

テキストマイニングとは、
きれいに整理されていない、フリーワードのテキストの文章や会話情報の中から、特徴となるキーワードだけではなく同義性をもった意味合いを検出して、有用な情報を掘り出して役に立つ情報にすることです。

営業日報のデータやコールセンターでの顧客とのやりとりなどを、単語やフレーズに分解して、業務上の問題点を把握したり、製品の評価を調べたり、問い合わせやクレームを分析します。


今後の対策や、購買活動に役立ちますね。






[↑一番上へ]
[顧客管理の知識(ホームへ)]
10:562202