検索エンジン経由の集客(SEM)




検索エンジン経由の集客(SEM)についてのお話です。

最近では、商品を購入するやり方、購買プロセスが変化してきました。

そうですね。

多くの人は「グーグル」や「ヤフー」などの「検索エンジン」を使って自分の購入したい商品を探します。


購買プロセスが検索エンジンを使用するように変化してきました。

検索エンジン経由の来訪者が、関心の高い見込み客になります。

何故でしょうか?

顧客、消費者は、気になったり、わからないことがあると必ずインターネットのグーグルやヤフーで検索すようになりました。
検索している過程で、自分の目的のホームページにやってきます。

検索エンジンにキーワードをいれて検索しているということは、そのキーワードに関心があるということです。

そのキーワードに関係するホームページが表示されれば、そのホームページを
見ますね。

キーワードがとても重要です。


検索エンジン経由の集客には、以下の3つのやり方があります。

  1. ディレクトリ検索

    各検索サービスが人為的に判断なして掲載するジャンル別のリンク集です。
    ヤフーのカテゴリーなどです。登録は有料と無料があります。
    ここからも顧客、消費者がやってきます。

  2. 自然検索

    オーガニック検索とも呼びます。
    検索ロボットが自動収集したデータをもとに行なう検索結果を表示します。
    グーグルやヤフーの検索です。無料です。
    検索順位により、ホームページへのアクセスがことなります。

  3. リスティング広告

    検索ワード(キーワード)に連動して表示される広告です。
    PPC(PAY PER CLICK)広告とも呼びます。
    顧客、消費者が、広告をクリックした時点で料金を支払います。
    グーグルのアドワーズ広告、ヤフーのオーバーチュアー広告があります。


これらの取り組みを総称して、検索エンジンマーケティング、SEM(Search Engine Marketing)と呼んでいます。

インターネットによる広告は、SEMがとても重要になります。

インターネットによる集客は検索エンジン抜きには語れなくなりました。






[↑一番上へ]
[顧客管理の知識(ホームへ)]
10:562202